きょうは、「にらちび」クリスマスコンサート
韮崎で生まれ育った
シンガーソングライター 藤原ゆうすけ君と
ピアニスト 青木はるかちゃん
が、来てくれました。

・・・世界中がそれぞれの流儀で祝うクリスマスだからこそ、
本当は何を伝えようとしているのでしょう・・・

【きみが夜 空をながめたら
星がみんな 笑っているように見えるだろう・・・】

クリスマスを迎えるにあたり・・・
サン=テグジュペリ「星の王子様」の本の中のことばを
クリスマスカードに込めて 送りたいと思いました。

ゆうすけ君がきょう歌ってくれた「さばくのきつね」も
「星の王子様」に出てくる「きつね」のことを想って作った歌だそうです。
クリスマスに、ぜひ聴いてもらいたいと思う・・・素敵な歌詞&メロディです。

そして、はるかちゃんは、#ぐるみんが 2◯年前勤めていた市内の幼稚園の教え子で・・・それだけで感無量になってしまいました。

「クリスマスだから 考える
たくさん たくさん たくさん
悲しんでいるひとのこと 」

・・小さな手に献金箱を持ちながら こどもの幼稚園のクリスマス会で毎年歌っていた歌です。

・・・どうぞ良いクリスマスをお迎えください。