確かにそうだ。

今までの「女性活躍応援」は
仕事の継続】のために
仕事免除型の子育て支援
ばかりに 目がいってたな。

でもどうやらそれだけではない。

仕事の継続】✖︎【キャリアアップ】
も あってこそ 「輝く女性」になれるんだろうな。

仕事の捉え方にも よるけれど

仕事に やりがいや ミッション(使命)を持って 継続したい! と思っていて・・

その上 子育てに 家族に 地域に PTAに も活躍。

そんな・・忙しいにらちびスタッフたちに 伝えたくなる^_^

👍あなたが これからも 仕事で活躍すること キャリアアップすること 心から期待してるよ。
👍この仕事は大変だけど 実は やればやるほど おもしろいんだよ。

ってね。

マミートラップ(家庭の責任が重くなる)」に かかってめげそうになった時 ・・

耳元で囁き続けよう!

(ほどほどに^^;)

【ワタシのキャリアリタイア話】

そんなワタシも実はキャリアのリタイア組です

あんなになりたかった幼稚園教諭の仕事を 子育てを機に モチベーションが下がり リタイアしてしまった経験が ずっと引きずっていて、今のこの子育て支援という仕事の課題になっています。

私がサバイバルできなかった原因は

社会に制度や職場のせいだけでなく

自分の中にも仕事への覚悟が甘く

アンコンシャスバイアス(無意識の偏見意識)も あったのだと思います。

せっかく皆さんが志高く 選んだ仕事ですから

今キャリアアプができるよう

「働き方改革」 「意識改革」必要ですね。

管理職のミッション

女性の仕事へのモチベーション維持と活躍への期待をしっかり伝えながら・・

そして

「望む子育て」のカタチも話し合いながら・・それが1番の 仕事へのモチベーションupに繋がることでしょうからね。

残業なし。

仕事の棚卸し。

(ミッションの低いものは思い切ってやめる)

管理職の急務ミッションですね。

【ここぞ!という キャリアアップのタイミング】
本日
の登壇岩田喜美枝氏
「ここぞ!」という時は人生に2・3回あるかないか。
「JOBサイズの大きいこと」を目の前にしたら やってみよう。
寝食惜しんでやるのは 続いても3、4ヶ月。

かっこいいなぁ。実に男前。

ついひるんで断ってしまう女性の習性⁉︎を脱ぎ捨てて 「キャリアアップ」を目指して成長して欲しい。とおっしゃっていましたよ。

なるほど!

【コレからの子育て支援】

「ここぞ!」という時のキャリアアップの助っ人になれるような 子育て支援も必要ですね。

従来の「家庭保育向け」の子育て支援拠点に加え「働くママパパ向け」の子育て支援拠点

例えば保育園帰りにリフレッシュや相談 講習会や交流会の トワイライトひろば(フィンランドではやってる)

ここぞという時の 土日祝日 早朝夜間の短期または緊急「特別保育」の充実

地域のシニアも活躍にもなる 「他孫たまご育て」

若いパパ自身も 子育て×仕事×キャリアア

これからの自分

次世代の女性たちの
【仕事の継続】✖️【キャリアアップ】
を応援したい。と思う講演会でした。

そして ソレが
少しくたびれてきた還暦前のワタシの【キャリアアップ】にもなるのだ と思える講演会でした