韮崎では 6/1 ワカモノたちの企画で

アメリカヤビルを中心に にらさき夜市が開催されました。

たくさんの屋台ではおいしい香りが漂い 色々な種類のお酒も販売され・・

のんべえにはたまりませんなσ(^_^;)

たまたま 今年 4月から アメリカヤビル三階に

プレイベートなオフィスを借りていまして

その夜その部屋は ワカモノの声を聴く1day酒場になりましたσ(^_^;)

東京でキャリアを研鑽しながらも 結婚や 故郷での暮らしも 視野に入れたいと考える 20代のカップルの声

親子の関係 愛され育くまれてきたからこそ そこから旅たち自由な翼を広げなければ と もがく大学生の声

韮崎で夫婦でお米やジビエについて考え 起業し、2人で夢の実現に向かう 30代のご夫婦の声

移住してきたばかりの 20代のパパの韮崎移住決意の声

新しくシングルペアレントになった ママの決意の声

アメリカヤさんの三階をお借りしていると、にらちびでは聴こえてこないマチの声が聴こえてきます。何より色々な世代の方とお話しできる楽しさも感じています^_^

さて

先日6/10に開催された子育てひろば全国連絡協議会総会記念講演

「未婚学」を研究されている 立命館大学の筒井淳也先生のお話。

子育て 子育て支援の現場も

もっと広い視野で

今現在 子育ての当事者ではないヒトたちの声にも耳を傾けて

それぞれの社会が二極化し 断絶し 無関心 排他的になってしまうことのないように その社会 そのライフスタイルも尊重しながら 関わりや 絆を作って いくことも考えてみよう

違った生き方 違った悩みを受け入れない社会が一番危険・・・

というお話を伺いました。

少子化をとめようとか 結婚出産子育てしよう と 究極的な場面に行く前に

実際、決して ワカモノに結婚出産子育てしよう!って言ってるわけじゃないんだけど、(現に息子たちも 結婚とはほど遠そうだし・・・)どうしても 支援臭が 匂ってしまっているかなσ(^_^;)

色々なライフスタイルのヒトが、色々な場面で

理解しあい、

寄り添いながら、

居心地の良い距離感で

協応して生きていく社会がこれからはとても大切になっていくと。

ワカモノ シニア世代の声に耳を傾けていく 場所作りが大切だと。

そんな ごちゃ混ぜの空間や居場所が 必要だとも感じています。

これから どんな社会になっていくのでしょう。

でもひとつ言えることは

子どもや赤ちゃんの笑顔は 何かを動かす 不思議なパワーがあるのではないかと。

皆さんはいかがでしょうか?