奥のプレイスペース2からの「いらっしゃいませー!」の声に誘われて行ってみると、ウレタンブロックとトンネルをうまく組み合わせて、お店屋さんが出来ていました。

DSC07553_R

両方にきちんと出入りするための扉までついていて、とても使い勝手がよさそうです。

お客さんの注文に、焼きそばや焼きそばパンが次々と出来上がります。

DSC07554_R

「食べるのはあっちでね。」と、食べる場所も決まっているみたい。

「いくらですかー?」の声に

「はい!3びゃく5ひゃく円です♪」の答え。

数やお金の単位が分からなくても、ママが買い物する時の様子や会話をきちんと聞いているんですね。

こんな風に遊びのなかで、子どもたちは社会を学んでいくんだなーと、微笑ましく思えたひと場面でした。