こんにちは。にら★ちびスタッフの「やんちゃん」です。

衣替えの時期になり少しずつ秋を感じられるようになってきました。
にら★ちびでも、運動会を終えた子どもたちが「速く走れたよ」「こうやって踊ったんだよ」などなど手振り身振りを交えながら興奮気味に見せてくれました。
そんな様子を見ているママたちの嬉しそうな表情がとても素敵です。
表情の中には、「いっぱい練習したんだよね。」「ドキドキしたけど上手にできたね」
と当日までの頑張りを褒めてあげていました。

今でも忘れられないのは、両親が留守をしていて祖母と姉弟だった時、いつもは失敗しないトイレ…
その日は、階段で豪快に失敗してしまいました。
階段の下まで水浸しになった床を一生懸命に拭き新聞紙で敷き詰めてありました。(きっと怒られると思ったのでしょう)
帰宅してその状況を見た時はさすがにビックリしましたが、いろいろ話しを聞いていくと子どもながらに考え協力してここまでやったことに笑うしかありませんでした。と同時に兄弟愛を感じた瞬間でもありました。

そんな子どもたちも大きくなり、結果ばかりを口うるさく言ってしまいがちですが、少し反省してそこまでの過程を認めてほめてあげることを心がけ、それには自分自身の気持ちに余裕をもたなくては…とあらためて思いました。

余談ですが…
数か月前から挑戦しているエコ栽培の「ミニトマト」最近やっとやっと花が咲きました。
もう少し実になるまでの過程を楽しみたいと思います。