こんにちは!

にら★ちびスタッフの「ちびくぼ」です。

 

この春、子供の入園&入学が重なり新しい生活に慣れないままバタバタして6月を迎えている私です(笑)

春から新生活を始めた方も多いと思いますがいかがお過ごしですか?

 

6月と言えば衣替えの季節ですね。

まだ落ち着いて衣替えができていない私ですが(^_^;)

この季節になると思い出すことがあります。

 

数年前、薄着になるこの時期に娘のトイレトレーニングをしていました。

 

 

↑トイレに行く度にシールを貼って楽しんで頑張りました♪

家にあるシールを何でも貼っていたので統一感はありません(^_^;)

 

春にトイレが一人でできるようになって〈出来る〉ってことが当たり前になっていた…いや、私が勝手に当たり前にしてしまっていた6月…(T^T)

娘がトイレに間に合わなかったことが何度か続きました。

気持ちに余裕があれば、「大丈夫、大丈夫~」「洗えばいいし~♪次頑張ろうね!」と言えていたのでしょうが、失敗したことについつい怒ってしまいました。

 

当時私は妊娠中。出産や産後の不安が多くて気分の浮き沈みが激しい時期でした。

怒ってしまった後に、ものすごく反省して娘に優しくしようと心がけましたが、怒ってしまった自分に対してモヤモヤする気持ちが残ってしまいました。

 

数日そんな気持ちを抱えながら、気分を変えようと娘と出掛けた帰り道、スーパーで買い物中に娘が「おしっこ!」と教えてくれました。

買い物かごにはまだ会計していない食品たち…このタイミングかぁ(>_<)

と心では思いましたが、かごを店員さんに預けて娘と猛ダッシュでトイレに向かいます!!

 

………はい!

無事に間に合いました(о´∀`о)♪

 

私は「トイレ、教えてくれてありがとう♪よく教えてくれたね~」とたくさん褒めました。

娘も嬉しそうに「お母さんもありがとね♪」と笑顔で言ってくれました。

 

トイレから出るとその会話を聞いていたご高齢の素敵な女性が、トイレができた娘にではなく、母親の私に

「教えてくれてありがとう。と子供に優しく感謝できるなんて素敵なお母さんね。」

と褒めてくださいました。

 

日々いっぱいいっぱいで自信をなくしていた私は見ず知らずの方の思いがけない声かけに胸が熱くなり、涙が出ました。

少し焦りすぎていたな…優しさ大事だなと自分を見つめ直しました。

 

この時から、失敗することを責めるのではなく、できたことを小さいことでも褒めよう、ありがとうをたくさん言おう!と気持ちを切り替えると、その日から娘はトイレもうまく行けるようになり、ありがとうと言われたことが嬉しくて自分でもたくさんありがとうを言うようになりました。

 

失敗って大人になっても誰でもありますよね?

私もいろんな場面で未だにたくさんあります(笑)

子供は産まれてから新しいことに挑戦し、失敗しながらどんどん覚えていきます。

失敗はこれからも当たり前にあります。

今では3歳の息子に

「お母さん、失敗は成功の基だよ!」と言われる日々です(^_^;)

 

 

当時、うまくいかず落ち込んでいた私に、

 

「焦らず、ゆっくりだよ」

「うまくいかなくても…まぁ、いっかー。の気持ちが大事だよ」

 

と声をかけてあげたいものです。

 

みなさんも子育て、家事、仕事と日々を頑張って過ごしていると思います。

6月は少し疲れも出る季節ですね。

まずは頑張っている自分も褒めてあげてくださいね。

 

 

気持ちが転んでしまった時は頑張りすぎず、焦らずゆっくり起き上がりましょうね♪

家に飾ってあるこの言葉↑を見ながら、私はその日1日頑張った自分のために、家事が終わったらアイスを食べて自分を労っています(*´∀`)♪

今夜も絶対食べます!!(笑)

 

 

【ありがとう】の言葉から何事もいい方向に好転しているので、これからも何事にも感謝して、たくさん【ありがとう】を言っていこうと思う「ちびくぼ」なのでした♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*´∇`*)