すごい風の日でしたが🌬🌬🌬
甲府のまちなかにある
くらしの保健室 晴ればれに。

コチラでは「子ども食堂」やワンコインランチ・保健師相談・ユニークなイベントや展示・販売などがされています。

今日は懐かし♪の旧友 せっちゃんこと 馬渕 節子 (Setsuko Mabuchi)さんのおもてなし薬膳せっちゃんごはんの「月イチ薬膳バイキングの日」だったので 見学も兼ねて訪問してきました。

甲府のまちなかに居心地の良い
サードプレイス♪

家族 

学校や職場 

ひとりの空間も大切にしながら 

それ以外の誰かさんたちと過ごす

居心地の良い居場所・・サードプレイス

それが

いつも自分のテーマなのかもしれません。

あなたの居心地の良い場所は

どこですか^_^

赤ちゃんだって自分で見つけられる(^◇^;) つい最近 じぶんひとりで座れるようになったお気に入りのイス。気がつくとソコにいる。彼の居心地の良い・・居場所笑笑

#共同養育の場作り#アウェイ育児#ワンオペ育児#お他人以上血縁未満の地域家族

オルデンバーグが定義する“サード・プレイス”の8つの特徴(Wikipediaより)

中立領域

サード・プレイスの構成者は義務感からそこにいるのではない。彼らは、経済的、政治的、法的に縛られること無く、喜んでやってくる。

平等主義

サード・プレイスは、個人の社会における地位に重きをおかない。経済的・社会的地位は意味がなく、ありふれていることが許容される。サード・プレイスでは参加するために、何も必要条件や要求がないこと。

会話が主たる活動

遊びココロや楽しい会話がサード・プレイスの活動のメインフォーカスである。会話のトーンは気軽で、ユーモア、ウィットがあり、優しい遊びココロは高く評価される。

アクセスしやすさと設備

サード・プレイスはオープンで、みなが訪れやすい環境。柔軟で親切で、集まる人のニーズにこたえるところ。

常連・会員

サード・プレイスは、常連がいて、空間やトーンを形成する。その場所らしさを彼らがつくる。新たな訪問者を惹きつけて、新参者にも優しいところ。

控えめな態度・姿勢

サード・プレイスは、健全である。その中には無駄遣いや派手さはなく、家庭的な感じ。偉ぶったり、排他的であってはいけない。いかなる個人、あらゆる階層の人を受け入れる。

機嫌がよくなる

サード・プレイスでの会話のトーンは、けっして緊張や憎悪を生んではいけない。その代わり、陽気でウイットに富んだ会話、気さくな冗談は歓迎される。

第2の家

サード・プレイスにいる人たちは、しばしばあったかい感情を共有する。あたかも同じ家に暮らす者同士のように。この場所に根ざしている感情を持ち、精神的に生まれ変わることを得る