MENU
イベント予約の方法について

*初めてご利用になられる方へ
はじめに予約システムのへの会員登録をお願いします。
(1~2分の簡単な登録です。)

イベントのご予約(HPまたは電話予約)
予約システムへの会員登録を済ませ、HPよりご予約ください。
HP内『利用案内』ページをご確認の上、予約フォームへの入力をお願いします。

今月の休館日
  • 4月1日(月)
  • 4月8日(月)
  • 4月15日(月)
  • 4月22日(月)
  • 4月26日(金)
  • 4月30日(火)
大切なお知らせがございます。
ご利用前に必ずご確認ください。 【大切なお知らせ】はこちら

【韮崎市ベビーファースト運動への参画】

本日NHKおはよう日本 で紹介されました。
NHK #山梨newsweb より↓

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20230809/1040021071.html

「子育て✖️シゴト」

韮崎市子育て支援センターでは 
「どちらも大切にして シアワセに暮らしたい。」という声をいっぱい聞きます。
今回私もこの事業推進に携わらせていただき ご縁ある事業所さんに訪問させて頂きました。

ある事業所さんでは
専務さんが子育て中の従業員さんを呼び その声に真剣に耳を傾ける姿が見られました。
また「そうしてあげたいけど・・」と真剣に歩み寄り改善策を講じる姿も見られ とても胸が熱くなりました。

ある事業所様では
「工場の横に温泉を掘ろうか」
「忘年会は 子どもも参加している」
というお話や
「ただでさえ人手不足。代わりのヒトがいないと なかなか宣言が・・」
「持ち家手当 見直すかな」
というお話も。

いち経営者&子育て支援の現場にいる私にとって大変貴重なお話や情報いただきました。

子育て中は
「まち」も応援してくれている
「ひと」も応援してくれている
「しごと」(職場)も応援してくれている
ことが感じとれるまちこそ 「このまちで こどもを産み育てたい」という気持ちに繋がるのでは と思います。

これらの事業所様の声から
子育て世帯の就業率が85.2%の今(総務省令和4年就業構造基本調査)
まち・ひと・しごと・・どうするか?
ですね。

「こども真ん中」で まちをデザイン。
「ただただ なんだか あったかくて暮らしやすく ひとを大切にするまち韮崎」という 何かが飛び出ないブランディング。
ってありですか?ね???ダメ?

今住んでいる方を中心に
移住者さんにはもちろん!暖かく。
さらに 昔韮崎にいた若者がカムバックしたくなるまち。
「韮崎の昔の中高生ーデジ田構想に乗っかってカムバックしておいでな。」

もうすぐお盆。
8/16武田の里まつりで移住者にも若者にも そんなあったかさが伝わると嬉しいです

事業所様から 続々と「ベビーファースト宣言」が集まっております。

9/3の「にらちびフェスティバル2023」には 韮崎市の事業所様の ベビーファースト宣言を 子育て支援センター内に 全部掲示いたします。

大変お忙しいとは思いますが
この機会に事業所内でぜひ一度「ベビーファースト宣言」を考えるお時間をとっていただけたらと思います。ご説明のお時間を頂き伺えれば 尚 ありがたいです↓
https://www.city.nirasaki.lg.jp/soshikiichiran/kodomokosodateka/kosodateshientanto/1_1/8155.html

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!